E-WIN ゲーミングチェア「CP-BC5B」をレビュー 

ガジェット

今回は、私が愛用しているゲーミングチェアをレビューします。 とても快適で長時間座っても楽です!

ゲーミングチェアは、ゲームプレイに特化したイスの総称。背中と方を支えるハイバック仕様であり、レーシングカーのバケットシートを原型としたデザインが特徴である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

以前までは、椅子には拘りを持っていませんでしたが、イラスト制作やデスクに向かっての作業やパソコンを見ている姿勢がとても悪く腰がとても痛みに気づきました。 しかし、ちょっと値段が…そんな時にゲーミングチェアなる物を耳にしました。 

ゲーミングチェアの場合、2万円ぐらいでリクライニング機能やオットマンが付いているので、コストパフォーマンスが高いと思います。Twitter見てるとゲーミングチェアを使っている人が多く私も買ってみたいと思い、購入しました。

2年ほど愛用しているパートナーのE-WINのゲーミングチェアをレビューしていきます。

■ 【寸法】背もたれ幅:53cm、奥行:57cm、背もたれ高さ:87cm、座面高さ:41~49cm
■ 【材質】合成皮革PU(シート表面)、ポリウレタン(シート内材)、鋼材(フレーム、シリンダー、ホイールベース)、プラスチック(シリンダーカバー)
■ 【最大荷重】150kgまで 
■ 【特徴】 低座面・通気性のあるピンホールPUレザーシート・座面前傾調整可・3D調整アームレスト
■ 【組み立て式】専用工具と日本語組立マニュアル付属
■ 【本体重量】24.4kg 
■ 【保証】1年
■ 【包装箱サイズ】88cm x 72cm x 38cm 27.8kg

数あるゲーミングチェアの中でE-WINを選んだ理由

エーケーレーシング(AKRacing)、デラックスレーサーチェア(DXRACER)、バウヒュッテ(Bauhutte)といった有名なメーカーが揃っているゲーミングチェアブランドですが、なぜE-WINを選んだかというと

色合いとデザインです!!

はい、これだけの理由です。もう一つは値段がゲーミングチェアで出せる金額の上限でした。アマゾンでセールがあり、定価から3000円ほど引かれておおよそ2.2万円ほどで購入しました。 

良い所と悪い所

まず、良い所を紹介します。

  • 頑丈な作りで、安定して座れる。
  • 腰、首にヘッドレスト・ランバークッションがあり好みの位置で支える
  • 3Dアームレストで腕の負担を軽減
  • リクライニング機能でリラックスできます。
  • ウレタンが全体的に入っているため、心地よく座れます。

次は、使っていて感じた悪い所です。

  • サイズが大きいため、場所を考えないといけない
  • 合成皮革のため、夏場は蒸れる
  • 本体重量が24kgと椅子の中ではヘビー級の重さ

以上が私が感じた良い所、悪い所です。

私の使用例

長時間のイラスト制作やゲームプレイは断然、ゲーミングチェアがオススメ

私の使用例ですが、まずゲームをとにかくプレイします。1日の総合的な時間でみれば、少ないですが暇があればswitchやPS4でゲームしている事が多いです。それだけでも、ひと月で50時間以上はゲーミングチェアに座ってますね。

また、イラスト制作でも長時間座ってます。1日に2時間以上なのでひと月に60~70時間以上は座っている計算になります。

本を読むにも、良い姿勢でリラックスした状態であれば、とても読んだ気持ちになります。

このように、ゲームやイラスト制作をする方にとてもオススメの椅子になります。

まとめ

安価な椅子ですと、腰を痛める危険性があります。 長年の蓄積されたダメージが一度に放出されれば…

現在は、ゲーミングチェアは知名度は高くなっている傾向にあります。Twitterでユーザーがバズったり、メーカー自体も売り込みしたりと主流になってきています。

また、自身の体にあったゲーミングチェアを選ぶたい方は大きな家電量販店で試用が出来ます。(名のあるメーカーや家電量販店自体が仕入れているメーカーが多く、割高ではありますが… ある程度の座り心地に納得いけば、ネットで購入しても大丈夫です。)


コメント

タイトルとURLをコピーしました