貧乏アスリートが目指すクオリティオブライフ 

スポーツ

貧乏な私が、生活の質をあげてイラストや柔道での成績を良くする物語です。

 

はじめに、現在も柔道をやっている私ですが過去に何度か柔道の講習会に参加した事があります。幾度とクオリティオブライフ(QOL)と耳にしました。クオリティオブライフとは、なんぞや?と思っていましたが、自分なりに調べてなんとかわかりました。

まずは、Wikipediaを参照しましょう

クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life, QOL)とは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた『生活の質』のことを指し、ある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念である。QOLの「幸福」とは、生きがい、身心の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から計られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私の中では、平たく言えば生活水準の向上し、質を高めるため努力して行くと思っています。

今回は、このクオリティオブライフをテーマに記事を作りました。 そして、継続してクオリティオブライフに繋がる内容があればそのたびに記事にしたいと思います。

クオリティオブライフを意識したのは、ここ数年です。

クオリティオブライフと言う言葉自体も柔道の講習会から得た知識です。 そして、生活水準もここ数年間で上げるようにしました。 

まず、スポーツをする上で大切な栄養のプロテインをしっかりと摂取するようになりました。Wikipediaの引用を張ります。 タンパク質は、毎日80g~100g取ることで筋肉の質がよくなり健康体を維持できるようになりました。 

プロテイン - Wikipedia

また、YouTubeで栄養学や低脂質高タンパク質の食事を勉強することで、毎日健康でハキハキとした生活が送れるようになりました。 これが、まさにクオリティオブライフだと思います。

臥薪嘗胆による戒め

上記である、柔道の講習会わきっかけに生活の質を向上したのは、事実ですがもう一つ理由があります。二十代後半で、痔瘻になったことからこのようにクオリティオブライフを目指すようになりました。 

四字熟語の臥薪嘗胆を使いましたが、自分の意味合いは『もうあんな、経験したくない』と言う戒めの気持ちを込めて使っています。

現在、実行している事

今、現在実行している物ですが

  • サプリメントを飲む (ダイソーやキャンドゥなどにある安物)
  • 鶏のむね肉、ブロッコリー、オクラ、トマトなどのアスリート御用達の食べ物を食べる
  • プロテインを毎日飲む
  • 決まった時間に寝て、決まった時間に起きる
  • 休日の散歩と日光浴と森林浴
  • トレーニングを効率良く行うためにメニューを考える

とても、当たり前のことを書いてますが、実行することは難しいですね 

クオリティオブライフを取り入れ、柔道やイラストに全力になれる

目指す理由としては、このとおりです。

以前までは、だいたいの計算で柔道やイラストに力を入れてましたが最近はとても集中でき、内容・質が良くなっている傾向があります。 脳にしっかりと栄養が届き、筋肉にも栄養が届き体全体が絶好調の状態が続いてます。

金欠ながらも、生活の質を向上させたい

タイトルにもあるように、生活自体は苦しい訳ではありませんが アニメ、ゲーム、ガジェットにお金を使っているため金欠気味ではあります…

そんな中でも、節約して自分なりのクオリティオブライフを目指していきたいと思っています。

無料で出来る方法としては、やはり睡眠だと思います。 人間の三大欲求である、睡眠を質を求め効率良く行うことでクオリティオブライフの基礎になりえると思っています。

あとは、朝の活動ですね 30分ほどの散歩、近くの公園での森林浴 自分の好きな音楽やラジオを聞いて、日光を浴びながらリフレッシュ (曇っていても、できる時は実行しています。)

パソコンで色々な作業をしたい気持ちは、ありますが自身の健康のために朝の活動は必要だと思います。

まとめ

なるべく、今の状態を維持してまた、新しく情報や試行して行くことも大事だと思います。

貧乏アスリートがクオリティオブライフを目指すは、定期的に更新したいと思います。 

まだ、紹介したい内容がたくさんあります。

  • プロテインの紹介
  • マットレスの紹介
  • 鶏むね肉やブロッコリーの食事の紹介
  • 100円均一で買えるサプリメントの紹介

 一度の更新では、語れない内容があるので今回は前置きでクオリティオブライフについて説明しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました